スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
はじめてのビンディングの着脱
20170226_2.jpg

多摩川CR近くの公園にて、先輩ローディーTさんご指導のもと、ビンディングの着脱の練習をしました。

ビンディングとはクリート(とめ具)をシューズの裏に装着し、ペダルにシューズを固定して簡単に外れないようにするもののことです。

初めてのビンディングは、先輩のアドバイスに従い、最初からロードバイク用のSPD-SLにしました。
その中でも初心者に使いやすいと評判のシマノのライトアクションにしました。

私は漕ぎ始めが左足で地面に着くのが右足だったのですが、それは今後公道をビンディングを付けて走る時に危ないから矯正した方がいいと、今回から逆でやってみましたが、最初はなかなかうまくできませんでした。

あと、新車のサドルはお店で適正高にセットしてもらったので今まで乗っていたロードに比べて高いです。
サドルに座ったままだともちろん地面に脚は付きません。
その高さに慣れていないせいもあり、止まる時(サドルから腰を上げトップチューブにまたがる時)に車体がぐらつきすごく不安定になってしまいます。

そういう不慣れな要素が2点あったため、立ちゴケの洗礼を2度も受けてしてしまいました。

練習を終えて、経験者のTさんにきちんと指導してもらえてよかったと思いました。
注意点をふまえて、今後の自主練を頑張りたいと思います。

★昨日のビンディング着脱練習まとめ★

①まずは漕ぎ始めの脚だけビンディング着脱→ペダルを45分の位置からカチッとはめて漕ぎだす。の練習を繰り返し行う

②①のまま漕ぎ出し、左のビンディングをはめる練習→15分の位置からペダルを後ろからすくいあげるようにつま先側をセットし、0時の位置でカチッとはめる。

③止まる時の練習→
左足が0時の位置で外す
右足は6時の位置で腰をサドルから浮かし、立った状態でバランスを保つ。
そのまま徐々に速度を落とし、ゆっくりと左足を地面に着く。
速度が落ちた状態で立ち漕ぎのバランスを保つとうまく着地できる。

20170226_3.jpg





いつもSayano Dollの応援をありがとうございます(*^_^*)
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村

■女性サイクリスト
自転車のカテゴリに参加を始めました!

関連記事
スポンサーサイト


タグ:


( 2017.02.25 ) ( ロードバイク ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。