スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
E型1体分窯入れ
公募展に出展する作品の入稿締切りが12月20日ということですが、
まだ本体が完成しておりません・・(汗)。

なんとか磨きを終え1体分の窯入れを終えました。

・・・が、磨き終えたパーツを入れておくトレーを落下させてしまい、
左手小指が折れ、にの腕と太ももにヒビと欠けが入ってしまい、ダメパーツとなってしまいました。。

お顔その他は無事なので、入稿にはMillaのパーツで代用しようかと思っています。

年内仕事がめちゃくちゃ忙しいのでどうなるか不安です。
でも新しい子を見てもらいたいのでベストを尽くします!

DSC_1165.jpg

<自分メモ>
庫内温度13℃
コーン6
パールホワイト

創作人形ブログ
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ


スポンサーサイト

タグ: DMT-01電気炉陶芸窯ビスクドール本焼き


( 2013.12.09 ) ( Bisquedoll 電気窯 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
電気窯(DMT-01) -導入・設置編-
DSC_0438_020.jpg
100Vで使える電気窯DMT-01が我が家にやってまいりました。
外寸が幅600×奥565×高720mmあり、高さのない冷蔵庫くらいあります。
重量が65kgあり、とても重たいものなので取扱説明書には
「水平で安定した場所に設置し、特に床強度に注意すること」とあります。

設置場所はアトリエの隅です。
アトリエは畳なので、床をしっかりさせる為、
すのこ+タイル+軽量ブロックを敷いた上に設置しました。

DSC_0502_000.jpg
「タコ足配線、延長コードを使用しないこと」
「定格15A以上のコンセントを単独で使用すること」
とあるので、
窯専用コンセントが必要になります。エアコン用コンセントでもいいのですが別の部屋にあり、
延長コードを使用しないと届かないので
アトリエ内に窯専用コンセントの増設/配線工事をしました。

上記工事にともない、分電盤に子ブレーカーの増設工事をしました。
一番右のNo.4が今回窯専用に増設した子ブレーカーです。
DSC_0507_001.jpg

※工事前の分電盤
20130524.jpg




☆購入の決め手となったところ☆
1.100V、15Aで使える
1.100V(1回路)の窯で炉内寸法が最大(270×270×300mm)
1.熱線の交換は自分ででき、費用も熱線の料金(3万~4万)だけで済む。
1.全国シンポ代理店で修理や部品の取り寄せが可能
1.メーカーに問い合わせたところ、ビスクドールでの焼成の実績がある とのこと

☆DMT-01メモ☆
・電気使用料金(目安)素焼1回  120円
・電気使用料金(目安)本焼1回  310円


そして今回DMT-01を購入したショップは陶芸ショップ・コムさんです。

私の家は古いマンションのエレベータなしの3階にあり、
窯の重量が65kgもあることが購入のネックになっていましたが、
搬入設置のことなど親切丁寧に対応して下さいました。

陶芸ショップ・コム内小型電気窯 DMT-01のページ


創作人形ブログ
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ



タグ: DMT-01電気炉陶芸窯


( 2013.05.24 ) ( Bisquedoll 電気窯 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
100Vの電気窯がほしい
引越しした家が築40年の古いマンションで100Vしか使えず、
契約アンペアも30Aまで。

以前使用していた200Vの電気窯(パラゴン社 S-66-3)はもう使えません。

今年の夏には教室展があるので100Vの電気窯を買おうと決意し、
色々なメーカーを検討した結果、買う機種がだいたい決まってきました。

30Aまでなので、深夜に窯を稼動させたとしても冷蔵庫(110W)や、照明器具、
携帯電話の充電や待機電力などがあるのでぎりぎりのものは使いたくない。
あと以前使用していた窯が手動制御のキルンで、
焼成時、窯に付きっ切りの管理は大変だったので、
コンピュータ制御のものにしたい。

20Aぐらいで動くのがあれば・・
極楽窯プロ125が約20Aだがそれより炉内寸法が大きく消費電力が15Aのものが2機種。

・窯わん KCA-24
・DMT-01


最後にこの2機種で迷いに迷い、

炉内寸法が数cm小さい『日本シンポ(株)のDMT-01』に決めました。
数センチ小さいといっても炉内寸法W270×D270×H300あります。

dmt01_1.jpg dmt01_2.jpg
mycom.jpg

マイコン付横扉式小型電気窯DMT-01/日本電産シンポ株式会社

窯わん KCA-24の方がその数センチの差で魅力的だったのですが、
生産終了品で、メーカーでのアフターサービスが2015年の10月までしかないとのことで、
後々のメンテナンスの事を考えると現行販売されているものがいいかなと思いまして。

さて、あとはどこのショップで買うか検討することにしましょう。

タグ:


( 2013.03.10 ) ( Bisquedoll 電気窯 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。