スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
IKEAのアームチェア(POANG/ポエング)でリラックス空間
IKEAのアームチェアを買いました。


20160619_7.jpg
POANG
アームチェア

¥ 6,990

アームはバーチ材、シートはランスタナチュラルに。
付属のレンチだけで、組立ては1人でも簡単にできました。

二つ並べてアトリエに設置してみたところです。

20160619_9.jpg

ガレージの車を眺めながらのリラックスタイムが楽しめそうです。


いつもSayano Dollの応援をありがとうございます(*^_^*)
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

タグ: IKEAPOANG


( 2016.06.19 ) ( Bisquedoll 山の麓のアトリエ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
【完成】押入れがミシン作業スペースに
支柱を取り付けた下地の板を、押入れのハリの部分に金具で固定し、
真ん中の下地の板の上部を垂直に支える板を金具で固定し、
ブラケット&棚板を取り付けようやくIKEAのアルゴートシステム完成~。

20150221.jpg

仕事で電ドラ使いまくってるので楽勝!と思っていたけれど、木材はやはり力仕事。
相方さんにめいっぱい手伝ってもらって完成しました。

完成した作業スペースに、職業用ミシンとロックミシンを、棚に裁縫道具などをとりあえず置いてみました。
普通にカラーボックスを置くより作業スペースを広くとれるのでミシン作業がはかどりそうです。

20150221_2.jpg


20150221_3.jpg

あとはアトリエのお片付けだな。。


タグ: IKEAALGOTアルゴート


( 2015.02.21 ) ( Bisquedoll 私のアトリエ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
下地の木材に支柱を固定
リョービの電動ドリル
RYOBI 電動ドリル D-1100VRを買いました。

RYOBI ドライバドリル CDD-1020と迷って、
ドリルの性能に特化した電動ドリルの方にしました。

20150119.jpg

用途は2×4木材のネジの下穴開けです。
専用ケースとドリル13本がセットで付いているのですぐに使えて便利です。
充電式ではなくAC100Vなので充電を待たずにすぐに使えますし、
たまにしか使わない場合の充電電池の劣化もないのでいいと思いました。

下地となる2×4木材に2.5mmのドリルで下穴を開け、アルゴートの支柱をネジで固定しました。

20150119_2.jpg

今回はここまで!

タグ: IKEAALGOTアルゴート工具


( 2015.01.19 ) ( Bisquedoll 私のアトリエ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
アトリエ改造計画~机組立~
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

20150103_3.jpg
我が家の元旦の風景。


さて、アトリエ改造計画ですが、
IKEAで一目ぼれした折りたたみテーブル、NORDENゲートレッグテーブルがほぼ組みあがりました。

20150103.jpg

写真は片袖を上げた状態です。
これだけですでに2人がけのダイニングテーブル並の広さ。
両袖広げると布の地直しにも使える広々としたテーブルになりますね。

6つある引出しの組立てがまだなのですが、金槌でトントンする音がお正月のマンション屋内に響き渡るので、
1個作って自粛しました。

押入れにはIKEAのアルゴートシステムを導入しようとセット購入しました。
20150103_2.jpg
アルゴートシステムセット内容
ALGOT 棚板 80×38 1200円×4枚=4800円
ALGOT ブラケット 300円×6個=1800円
ALGOT 壁用支柱 500円×3個=1500円
合計 8,100円

目指すはこちら(同システム使用例)
20141228_3.jpg
IKEA立川ショールーム参照

支柱を壁面にビス止めするので、しっかりと固定する為には壁裏の下地(間柱)に固定しなければなりません。

・・・がしかし、壁裏センサーで探るも誤反応がひどく下地の位置を特定できません。
取付方法の変更が余儀なくなりました。

こちらのページ→ 「壁の構造」
でアトリエの壁の構造がどうなっているかを探ります。

STEP1 クロス貼りなのでSTEP2へ。

STEP2 叩くとごんごんと鳴ります→コンクリート壁ではないようです

STEP3 ピンの先端に白い粉が付く→石膏ボード

STEP4 コンセント口を外し、壁の断面をドライバー等で軽くなぞってみる→白い粉が付く

→石膏ボード壁

所持している壁裏センサーは石膏ボード・ベニヤOKなのに、
なぜ誤反応するのかは、クロスを貼ってない天袋の壁を見て判明しました。
漆喰で仕上げてあるのです。
壁裏センサーの説明書を見ると、漆喰の壁は誤反応するようでした。残念。

石膏ボードアンカーを使う方法もあるようですが、
IKEAの家具じたい重量があるので、もっとしっかりとした固定方法を検討中です。

アトリエはまだまだ物でごっちゃりですが、
ずっといたくなる素敵アトリエ目指して頑張ります。


タグ: IKEAALGOTアルゴート


( 2015.01.03 ) ( Bisquedoll 私のアトリエ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。